為替レート調整のためミャンマー中央銀行がドル売り介入

【マーケット】【経済】 20181214

 為替レート調整のため、ミャンマー中央銀行が12月10日にドル売り介入を行ったことがわかった。7Day Daily紙が12月11日に伝えた。

 ミャンマー中央銀行のWEBサイトによると、同銀行は12月10日に1ドル=1,561Ksで民間銀行に対して30万...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧