テレノール・ミャンマーが携帯利用者に1,000米ドル分の融資

【企業】【経済】 20181217

 携帯キャリアのテレノール・ミャンマーは、同社の携帯SIMカード利用者に対して一人あたり最大1,000米ドル分に相当する約1,500,000Ksを融資すると発表した。7Day Daily紙が伝えたもので、同社のクマール代表は「ミャンマー全人口のおよそ7割の人々は銀行を利用していない。当社が仲介し、銀行から資金を借り入れるようにする仕組みだ」とコメントした。

 同社の発表によると、この融資制度はアイルランドに拠点を置くExperian社と共同で行う。テレノールが発行するSIMカードの利用者の使用履歴を分析し、クレジットスコアー(信用度を点数で表したもの)に応じて融資額を決定する。同社はクレジットスコアーを基にクレジットカードを発行するという。

 テレノール・ミャンマーは2014年に携帯キャリアのサービスを開始、現在1,800万人の利用者がいる。

center_bn_premium

最新記事一覧