ミャンマー初の50万ボルト超高圧送電線の敷設、日本企業を対象に入札

【経済】 20181212

 電力・エネルギー省は12月6日、ミャンマーで初めてとなる50万ボルト超高圧送電線の納入と敷設工事に関し、日本企業または日本企業との合弁会社を対象に入札を行うと発表した。7Day Daily紙が伝えた。

 同省の発表によると、対象となるのはヤンゴン市郊外のラインターヤーからバゴー(パヤジー)までの60マイルの区間。これまでミャンマーには最大23万ボルトの送電線しかなかったが、電力需要の増大に対処するため、50万ボルトまで拡張したと説明した。予算は日本政府の円借款が使用されるため、入札に参加できるのは日本企業(外資100%)ま...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧