ミャンマー25番目の新省庁「投資・対外経済関係省」が誕生へ

【政治】【経済】 20181121

 ウィン・ミン大統領は11月12日、25番目となる新たな省庁の設置について連邦議会に提案した。The Voice紙が伝えたもので、新省庁の名称は「投資・対外経済関係省(英語名:Ministry of Investment and Foreign Economic Relations)」。国外からの投資促進と国際社会からの支援を効果的に活用することを目的としている。

 政府を代表して連邦法務長官府のトゥン・トゥン・ウー長官が連邦議会で大統領の書簡を読み上げた。同長官は「外国投資の促進と国連や国際社会と連携し、支援や協力を効果的に受け入れ、活用するために新たな省庁を設置する必要がある。ミャンマー経済の発展に不可欠」と説明。11月15日に連邦議会で審議が行われ、承認された。

 一方、投資・対外経済関係省の設立後もミャンマー投資委員会(MIC)は存続することがわかった。ミャンマー投資委員会のタウン・トゥン委員長は「新たに設置された投資・対外経済関係省は内国民投資と外国投資の促進に注力するためのもの。ミャンマー投資委員会はこのまま存続する」とコメントした。

TCCI181214

最新記事一覧