ミャンマー25番目の新省庁「投資・対外経済関係省」が誕生へ

【政治】【経済】 20181121

 ウィン・ミン大統領は11月12日、25番目となる新たな省庁の設置について連邦議会に提案した。The Voice紙が伝えたもので、新省庁の名称は「投資・対外経済関係省(英語名:Ministry of Investment and Foreign Economic Relations)」。国外からの投資促進と国際社会からの支援を効果的に活用することを目的としている。

 政府を代表して連邦法務長官府のトゥン・トゥン・ウー長官が連邦議会で大統領の書簡を読み上げた。同長官は「外国投資の促進と国連...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧