工業相、ミャンマーを電気バス生産の拠点に

【経済】 20181114

 工業省のキン・マウン・チョー大臣は、ミャンマーを東南アジアにおける電気バスの生産拠点にすると発表した。同大臣の発表をThe Daily Eleven紙が11月6日に伝えたもので、11月4日に行われた工業省とハンガリーのCsepelホールディング・リミテッド、地場のグリーンパワー・ミャンマーとの間で交わした合意書の調印式で発言したもの。

 同大臣は「ミャンマー国内においてまもなく電気バスの生産が開始される。充電ステーションの設置を事前に準備しておく必要がある。ミャンマーを東南アジアにおける電気バス生産の拠点とし、各国へ輸出できるようにする」とコメントした。

 工業省は、ハンガリーのCsepel ホールディング・リミテッドとミャンマー地場のグリーンパワー・ミャンマーと共同で電気バスの組立・生産工場を建設し、長距離バス用として300台を生産する計画している。さらに将来は、インド、スリランカ、シンガポールなどへの輸出向けに7,000台を生産する計画も検討している。

center_bn_premium

最新記事一覧