ヤンゴン西部大学の教職員組合、通勤通学の改善を要請

【社会】 20181022

 ヤンゴン市郊外タンダビン郡に位置するヤンゴン西部大学の教職員組合が、ヤンゴン管区政府に対して通勤通学の便の改善を要請していることがわかった。同組合の発表をThe Voice紙が伝えたもので、これによると、ヤンゴン西部大学行きのバスは21番、22番、79番があるが、大学構内まで行くのは21番のルードゥ・メィッスェー社のバスのみ。その他のバスはシュエピーター交差点止まりで、大学まで行くには交差点から別のバスに乗り換える必要があるという。

 大学に通じる道は...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧