チャウピュー経済特区の基本契約書、来月調印へ

【経済】 2018828

 ミャンマー・中国両政府がチャウピュー経済特区開発について、9月にも基本契約書に調印する方針であることがわかった。同経済特区実行委員会の発表を7Day Daily紙が8月20日に伝えた。

 同委員会は「プロジェクトの規模を大幅に縮小し、フェーズごとに段階的に開発していく。来月契約書に調印し、まもなく開発が開始されるだろう」とコメントした。

 チャウピュー経済特区は中国の国有複合企業である中国中信集団(CITIC)が落札し、事業権を得ている。開発計画はテイン・セイン政権時代の2015年に落札者が決定。当初、中国側が85%、ミャンマー側が15%の出...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧