ティラワ経済特区への外国投資が好調、投資総額が14億米ドルに

【経済】 2018622

ティラワ経済特区への外国投資が好調で、総投資額が14億米ドルに達していることがわかった。国営新聞「Myanma Alinn」が6月17日に伝えた。

ティラワSEZ管理委員会のタン・タン・トゥエー副事務局長の発表によると、ティラワ経済特区のゾーンA、ゾーンBへの外国投資は18か国・94社で14億米ドルに上り、実際に稼働している工場は50工場となっている。

ゾーンAには86社が投資し、土地の97%が契約されているという。ゾーンBについても、日本のJFEをはじめ建設資材、電線の製造工場などが進出することが決定している。

center_bn_premium

最新記事一覧