スタバがミャンマー進出へ、1号店はスーレー・スクエアに

【企業】【経済】 2018517

米国に拠点を置く世界的なコーヒーチェーンのスターバックスがミャンマーに本格的に進出する。ミャンマー投資委員会(MIC)が5月13日にスターバックスに対して投資許可を与えたと7Day Daily紙が5月14日に報じた。
進出形態は外資100%で、会社名はコーヒー・コンセプツ(Coffee Concepts)。スターバックスのブランドでカフェを運営し、関連商品を販売する。第1号店はヤンゴン市内のスーレー・スクエアにオープンする。その後、ジャンクションシティ、ミャンマープラザ、ヤンゴン国際空港内、ヨーミンジー通り、人民公園付近にもカフェを続々とオープンさせる予定。
スターバックスは、2013年からミャンマー進出のために準備を進めていた。

center_bn_premium

最新記事一覧