経済・貿易省、外資企業に対し卸売と小売事業を解禁

【政治】【経済】 2018518

経済・貿易省は、5月9日付命令書(25/2018)により、外国企業(外資100%あるいは国内企業との合弁のいずれも)に対して卸売および小売事業を解禁すると発表した。同省の発表を国営新聞「Myanma Alinn」が5月11日に伝えた。
命令書によると、解禁に至った理由として、公平な競争を促進すること、競争により消費者がより高品質で安価な製品やサービスを享受できること、技術の向上や中小企業の発展に寄与できること、などをあげている。経済・貿...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧