2017年度、ミャンマーの外国投資額は61億米ドルで設定目標を達成

【経済】 2018423

計画・財務省、投資企業管理局(DICA)は、2017年度の外国投資額は61億米ドルとなり、政府が設定した60億米ドルの目標を達成したと発表した。国営新聞「Myanma Alinn」が4月9日に伝えた。
発表によると、国別でもっとも投資が多かったのはシンガポールで、次いで中国、オランダとなっている。また、2017年度の内国民投資額は3兆9281億Ksだったと明らかにした。
同局のワンナ・アウン局長の発表は「政府が設定した目標額を達成した。特に不動産部門への外国投資が伸びた。運輸と通信分野への投資は不調だった」と2017年度の総括を述べた。

center_bn_premium

最新記事一覧