外国保険会社に対し外資100%を許可へ

【経済】 2018413

計画・財務省は、生命保険事業を行うことを条件に、外国保険会社に対して外資100%を許可すると発表した。The Voice紙が4月4日に伝えたもので、同省の高官は「ミャンマーでは人の命より物に対して多額の保険がかけられている。これを是正するために外国の保険会社に生命保険を普及させてもらいたい。そのため、外国保険会社に対して100%外資を認めることにした」とコメントした。
現行の規則では、外国保険会社がミャンマー国内で事業を行う場合、国内保険会社と合弁会社を設立し、株式は全体の35%まで保有が可能。現在、保険事業監督委員会に対して事業ライセンスを申請している外国保険会社は24社で、日本、中国、韓国、インド、米国の保険会社が多いという。

center_bn_premium

最新記事一覧