ヤンゴン中央駅周辺再開発の落札者が決定

【社会】【経済】 2018302

ヤンゴン中央駅周辺再開発計画の落札者が決定した。2月20日に行われたミャンマー国鉄による記者会見の内容をThe Voice紙が2月21日に伝えたもので、優先交渉権を得た落札者はシンガポールのOxley Holding、中国のSino Great Wall、ミャンマー地場のミンダマによる事業連合。総事業費は25億米ドル~30億米ドルで、着工から完成までの工期は8年と見込まれている。3月に最終契約書を交わすための協議を開始するとしている。
ミャンマー政府は落札者に対して対象エリア63エーカー中の36エーカー...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧