労働大臣、最低賃金の日額を4,800Ksと発表

【政治】【社会】【経済】 2018108

労働・入国管理・人口統計省のテイン・スェー大臣は12月29日、最低賃金の日額を4,800Ksに改定すると発表した。最低賃金設定のための国民会議における発表を7Day Daily紙が12月30日に報じたもので、同大臣は「全国一律で日額4,800Ksと決定した。これで1日あたり1,200Ksアップしたことになる。労働者側も受け入れてくれると信じている」と記者会見でコメ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧