陸運局の車検に日本製の検査機器が導入

【社会】 20171205

ヤンゴン市内ミンター陸運局で、12月から日本製の車検機器が導入されることがわかった。The Voice紙が11月23日に伝えた。
導入されるのはサスペンション・テスター、ブレーキ・テスター、サイドスリップ・テスター、音量テスター、排気ガステスターなどで...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧