日本の官民がミャンマー財閥と共同でヤンゴンに大型複合施設を建設

【ローカル】【企業】【経済】 2017815

ミャンマー投資企業管理局(DICA)は、株式会社フジタと東京建物が海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)の資金協力を受け、ミャンマー財閥のエーヤーヒンター・グループ傘下、ヤンゴン・テクニカル・トレーディングと共同でヤンゴン市内に大型複合施設を建設することを明らかにした。フジタが設計施工で本計画を建設、東京建物がオフィス・商業施設の運営管理を、ホテルの運営はホテルオークラが受託するもので、この計画はミャンマー新投資法に基づく投資許可を受けた第1号の案件。
このプロジェクトは、シュエダゴン・パゴダ近くにある軍事博物館の跡地9エーカー(約36,400平米)を開発するもので、ホテルやビジネスセンター、商業施設などが入る予定。2020年の完成を目指し、総投資額は3億3,250万米ドル。DICAの高官は「1か月前にミャンマー投資委員会(MIC)から許可された。国軍が管轄している土地なので、どのような形態で土地を利用するのかわからない」とコメントした。
この場所は、アウン・サン将軍が歴史的演説を行ったジュビリーホールがあったことで知られているが、1985年に軍事博物館に建て替えられた。
[The Voice] 2017/8/4

center_bn_premium

最新記事一覧