日本の官民がミャンマー財閥と共同でヤンゴンに大型複合施設を建設

【ローカル】【企業】【経済】 2017815

ミャンマー投資企業管理局(DICA)は、株式会社フジタと東京建物が海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)の資金協力を受け、ミャンマー財閥のエーヤーヒンター・グループ傘下、ヤンゴン・テクニカル・トレーディングと共同でヤンゴン市内に大型複合施設を建設することを明らかにした。フジタが設計施工で本計画を建設、東京建物がオフィス・商業施設の運営管理を、ホテルの運営はホテルオークラが受託するもので、この計画はミャンマー新投資法に基づく投資許可を受けた第1号の案件。
このプロジェクトは、...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧