ヤンゴン証券取引所に2社が上場を申請

【マーケット】【経済】 2017525

ミャンマー証券取引監督委員会(SECM)は、新たに2社がヤンゴン証券取引所に上場を目指し申請中であることを明らかにした。SECMのテー・チュン委員が5月21日に発表したもので、申請中の2社のうち1社はター・モー・ニェー社、もう1社の名前は明らかにされなかった。

現在、ヤンゴン証券取引所に上場されているのは、FMI(ファースト・ミャンマー・インベストメント)、ミャンマー・ティラワSEZホールディングス(MTSH)、ミャンマー・シチズン銀行、ファースト・プライベート...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧