ヤンゴン証券取引所に2社が上場を申請

【マーケット】【経済】 2017525

ミャンマー証券取引監督委員会(SECM)は、新たに2社がヤンゴン証券取引所に上場を目指し申請中であることを明らかにした。SECMのテー・チュン委員が5月21日に発表したもので、申請中の2社のうち1社はター・モー・ニェー社、もう1社の名前は明らかにされなかった。

現在、ヤンゴン証券取引所に上場されているのは、FMI(ファースト・ミャンマー・インベストメント)、ミャンマー・ティラワSEZホールディングス(MTSH)、ミャンマー・シチズン銀行、ファースト・プライベート銀行の4銘柄のみ。MAPCO(ミャンマー農業ビジネス公社)とグレート・ホーカムの2社が審査中で、間もなく上場される見込みという。

ヤンゴン証券取引所における出来高は、株式の売買が開始された2016年3月は1日あたり240億Ksだったが、現在は12億Ksに落ち込んでいる。
[7Day Daily] 2017/5/22

お詫びと訂正

本記事初出時、「ミャンマー証券取引センター(MSEC)」と記載しておりましたが、正しくは「ミャンマー証券取引監督委員会(SECM)」となります。
訂正の上、謹んでお詫び申し上げます。

center_bn_premium

最新記事一覧