ティラワ経済特区(SEZ)のゾーンB開発工事が開始

【経済】 2017306

ティラワ経済特区(SEZ)のゾーンB(第1フェーズ)開発工事が開始された。ゾーンA(400ヘクタール)に続き、100ヘクタール分の追加開発となる。2月24日にヘンリー・バンティーユ副大統領などが出席し、起工式が行われた。
ティラワ経済特区管理委員会のセッ・アウン議長は「JICAの基準に沿って農地を収用された農民のために十分な補償を行った。代替の農地や住居も提供してある」とコメントした。また...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧