ミャンマー国鉄、マンダレー~ミッチナー間を修復

【社会】 20161005

ミャンマー国鉄は韓国政府から1億米ドルの借款により、マンダレー~ミッチナー区間の鉄道を修復する。
同区間は全長およそ480kmあるが、そのうち最も老朽化が激しいジョーダウン~ナンカン~ボウンチャウン~メーザー35kmの区間を優先的に修復する。同区間では毎年脱線事故が相次いでおり、9月も2回脱線事故が起きたばかり。
ミャンマー国鉄のアウン・ウイン部長は「当初は全線を修復する予定だったが、予算不足。よってこの資金で賄うことができる範囲で修復を開始することにした」とコメントした。
[7Day Daily] 2016/09/29

center_bn_premium

最新記事一覧