ミャンマー政府と合弁によるガソリンの輸入・販売事業の入札が大幅に遅延

【経済】 20161004

ミャンマー政府と合弁によるガソリンの輸入・販売事業の国際入札が、大幅に遅れていることがわかった。新政権に移行し入札審査委員会を再編しているため。
入札はテイン・セイン政権時代の2015年7月に開始され、今年3月に落札者を発表する予定だったが、9月下旬となった現在も落札者が決定していない。電力・エネルギー省、石油製品生産...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧