ヤンゴン市内の信号機集中制御プロジェクトが大幅遅延

【社会】 2016819

中国企業が受注したヤンゴン市内の信号機集中制御プロジェクトが大幅に遅延している。契約上の納期は3月31日だったが、4か月以上経過した8月初旬の段階でも完成していない。
プロジェクトはヤンゴン市内の154か所の信号をコントロールセンターで一括制御するもの。シュエダゴン・パゴダ近くの人民公園内に施設が建設中で、進捗率は80%。ミャンマー交通警察のアウン・コー・ウー副長官は「この...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧