ミャンマーの集合住宅に変圧器の設置を義務化

【社会】 2016822

ヤンゴン市電力供給公社は、30KW以上の電力を使用する集合住宅は変圧器を設置することを義務付けた。8月12日以降に建物が完成し、居住許可が与えられる物件に適用される。
MKT建設会社のミョー・ミィン社長は「30KWと言えば、3階建て以上の建物が該当する。変圧器の設置や、電線の敷設について改めて申請しなければならず、さらに時間とコストが必要...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧