「明美ちゃん基金」ミャンマーで先天性心臓病の子供を救う5年計画を実施

【社会】 2016608

「明美ちゃん基金」は、ミャンマー国内の先天性心臓病を患っている子供に対し、無料で外科手術を行う支援を5年計画で実施する。
ミャンマー側の受け入れ機関は、ヤンキン子供病院とエーヤワディ基金の2団体が共同で実施する。日本から1年に4回医師が出向き手術を行い、ミャンマー医師の医療技術の向上のための研修も行う予定。
「明美ちゃん基金」は、先天性心臓病などに苦しみながら経済的な事情で手術を受けることができない子供たちを救うため、産経新聞社が提唱して設立された基金で、今年で50周年を迎える。

center_bn_premium

最新記事一覧