ミャンマー宝石業協会が不正を告発、テイン・セイン前大統領の名前も

【政治】 2016609

ミャンマー宝石業協会は6月2日、前政府の関係者に8千万米ドル規模の不正や汚職、横領があったとして、ヤンゴン市内で記者会見を行った。
会見を行ったのは同協会のチョー・チョー・ウー副議長でK.L.Cグループの最高経営責任者。同副議長は「協会会員は2009年から2016年の期間、宝石の販売額の1%を宝石基金として政府に上納、総額は8,700万米ドルに達しているが、現在の残高は700万米ドルしかない」としたうえで、「芸術協会の建物を建設するとしてテイン・セイン前大統領に700万米ドル、ソ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧