今年度の外国投資80億米ドル、ミャンマー投資企業管理局(DICA)見込み

【経済】 2016512

投資企業管理局(DICA)は5月5日、新政権の初年度にあたる2016年度の外国投資が、80億米ドルになると見込んでいることを発表した。同局のタン・アウン・チョー副局長は「前年より投資案件の数が増えている。香港、中国、シンガポールなどから、製造業の投資案件が多数入っている」とコメントした。
ヤンゴン市郊外のラインターヤー工業団地管理委員会のミャッ・ティン・アウン議長は「新政権に移行された後、外国投資が増加するのは疑いの余地がないことだが、政府は電力不安定の問題を喫緊の課題として取り組むべき」としている。
2015年の外国投資は、エネルギー分野を中心に93億米ドルだった。
[7Day Daily] 2016/05/06

center_bn_premium

最新記事一覧