ミャンマーの不動産業界、宅建資格の創設を提案も内紛のため進まず

【社会】 2016511

ミャンマー不動産業協会は経済貿易省に対し、日本の宅地建物取引士に相当する不動産仲介業の資格創設を提案している。しかし、業界内の内紛により進んでいない。
同協会のキン・マウン・タン会長は「諸外国にもこのような資格の認定制度がある。わが国にもこの資格の認定制度が必要」とコメント。一方、ヤンゴン管区不動産取引代理人発展協会...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧