オレドー、ミャンマー国内の事業に14億米ドル投資

【情報・通信】 20151118

カタールの通信事業者オレドーは、ミャンマー国内の事業にこれまでに14億米ドル投資しており、現在までに2800塔建設した電波塔を、年内に3000塔以上に増設し、ミャンマー国民の70%をカバーすると発表した。
同社のミャンマー支部長は「オレドーは直接スタッフを1000人雇用し、間接的な雇用を10万作り出した」としたうえで、「海底ケーブル5000キロをミャンマー国内に引き入れており、12000キロまで伸ばす計画をしている」とコメントした。
現在の国内通信事業3社のシェアは、MPTが50%、テレノールが35%、オレドーが15%となっている。
[7Day Daily]

center_bn_premium

最新記事一覧