ミャンマー洪水被害に各国が支援

【国際】【社会】 2015813

アメリカのケリー国防長官は、5日にマレーシアのクアラルンプールにて開かれたASEANの外相会議で、ミャンマーで発生している水害で命を落とした人々へ深い悲しみを寄せるとともに、支援物資リストを公表し、空路で送ると発表した。
他にもオーストラリアは200万豪ドル(約1億8,500万円)、ノルウェーは120万米ドル(約1億5,000万円)の支援を表明。シンガポール赤十字は約10万シンガポールドル(約900万円)、自国も洪水問題に直面することもあるタイ政府は500万バーツ(約1,800万円)の支援を決定した。
日本政府は、毛布やテントなど15万米ドル(約1,800万円)分の救援物資を提供。その他に、タイ・日本・中国は被災者のために合同で支援活動を行う模様。
2008年のサイクロンナルギス襲来時は、諸外国による援助の申し出をほとんど拒否してきたのと比べ、今回はミャンマー政府が大々的に諸外国からの支援を受け入れるのは極めて大きな変化。8月5日現在の情報では、少なくとも死者・行方不明者合わせて69人、26万人が被災しているとみられる。
[7Day Daily]

center_bn_premium

最新記事一覧