ヤンゴン駅開発の再入札を公募

【社会】 2015811

ヤンゴン駅周辺の63エーカー(約25.5ヘクタール)の土地に商業施設、娯楽施設、ホテルなどの開発計画に対し、再入札の公募を実施することが分かった。
鉄道省が昨年4月からの入札で、ミャンマーをはじめマレーシア、イタリア、カタール、韓国、日本、フランス、シンガポール、カナダ、ベトナムなどの12カ国から...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧