ミャンマー「最低賃金3,600ksならば事業停止」の声

【社会】 2015721

ミャンマー商工会議所(UMFCCI)で2日、ミャンマー国家最低賃金策定委員会が提示した最低賃金案について、縫製事業者の協議が行われた。その中で中国の縫製事業者は、1日(8時間)の最低賃金が3,600ks(約387円)に定められた場合、事業を停止すると発言した。出席した中国の縫製事業者(30名)は、最低賃金案が成立した場合は9月1日に一斉に事業を停止すると発言し、挙手で意志表示した。これら事業者のもとでは、7万人が勤務している。
ある中国人事業者は「1...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧