ハイネケンがビールの現地生産開始

【企業】 2015720

オランダのビール大手、ハイネケンは12日、地元企業のアライアンス・ブリュワリーとの合弁によるビールの現地生産を始めた。ヤンゴン郊外のモビ地区に6000万米ドルをかけ、年間生産容量33,000キロリットルの醸造工場を建設。同社の主力ブランド「ハイネケン」のほか、ミャンマー市場向けの「リーガルセブン」を生産する。リーガルセブンは早ければ8月上旬にも発売する。
「ハイネケン」を高級ブランドと位置付ける一方で、「リーガルセブン」は一般消費者向けで、ミャンマー人の口に合うように麦だけでなくコメも原料として使用した。「リーガルセブンは競争力のある価格設定にする。ミャンマービールに近い価格になる」(ハイネケン幹部...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧