ミャンマーの労働者らが最低賃金の設定を求めデモ

【ローカル】【社会】 2015514

労働組合のネットワークが率いる工場から労働者ら約200人がメーデーに1日8時間の最低賃金5600ks(約620円)の設定を求めて、バハン郡のボーセインマン運動場からタームエ郡元競馬場までデモ行進を行った。
要求11項目の中には、拘束された労働者や学生などの解放、徴...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧