ミャンマー国内でどじょう養殖、日本と韓国市場へ輸出準備

【ローカル】 2015513

中国品種のどじょうをミャンマー国内で養殖し、日本と韓国へ輸出する準備が行なわれている。
通常、中国で1年に1回の繁殖させているどじょうについて、パワーバランス社のチョー・ティン氏は「台湾の技術を使ってミャンマーの気候下で研究したところ、年に2...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧