ミャンマー初のKFC、ヤンゴンに開店へ

【ローカル】【企業】 2015515

ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)のフランチャイズパートナーであるヨマ・ストラテジック・ホールディングスが、ヤンゴン市のボージョウマーケット前にミャンマー初のKFCを開店する。
同社のチン開発部長は「ミャンマー初となるKFC店にはオリジナルレシピで作られたチキンを紹介できる予定だ」とコメントした。
KFCは世界でも有数の飲食業者の一つで世界120カ国に店舗を展開しており、総店舗数は16,000店以上。米国での売り上げは世界一で、230億ドル(=約2兆7500億円)にのぼる。
ミャンマーでは韓国の「BBQチキン」、シンガポールの「ヤ・クン・カヤ・トースト」、マレーシアの「メリー・ブラウン」をはじめとしたファストフード店が展開している。
[The Mizzima Daily]

center_bn_premium

最新記事一覧