ミャンマーの証券会社、合弁企業設立も可能に

【経済】 2015122

株式市場に関わる証券会社の業態4種類が発表され、ミャンマーの新年に当たる4月にライセンスを付与することをマウンマウンテイン財務省副大臣が明らかにした。
この4種類とは、発行された株式を割引価格で買取って一般顧客に転売する「株式引受人」、株式の取引を専業とする「ディーラー」、株式取引の仲介をする「ブローカー」、株式に関する相談を行う「コンサルタント」。
また同副大臣は「外国企業との合弁企業も認められるようになる。ミャンマー人がまだ証券取引の世界で経験が浅いことから取られた処置だが、合弁企業の持株比率はミャンマー人のほうが大きくなければならない」と述べた。

center_bn_premium

最新記事一覧