ミャンマーのホテル業への外国投資総額25億米ドル超

【経済】 2015120

ミャンマーのホテル・観光省は、2014年に行われたホテル業への外国投資は総額25億5,755万米ドルで、過去最高を記録したことを発表した。
現在、ミャンマーでは9カ国がホテル開発46事業に投資を行っており、もっとも多いのはシンガポールの15億2,500万米ドル。以下、ベトナム4億4,000万米ドル、タイ3億3,900万米ドル、香港1億5,000万米ドル、日本6,200万米ドル、マレーシア2,300万米ドル、イギリス700万米ドル、ルクセンブルク500万米ドル、UAE400万米ドルと続いている。
2011年から13年までのホテル業への外国投資額は、それぞれ11億4,400万米ドル、14億1,600万米ドル、19億1,700万米ドルであった。

center_bn_premium

最新記事一覧