ミャンマーの技能研修生派遣に新基準

【社会】 2015116

日本で就労する技能研修生について、今後は日本語の能力試験に合格した者のみを許可するとミャンマー海外労働者派遣事業者協会(MOEAF)が発表した。
現在、労働者派遣会社がミャンマー人の技能研修生を派遣しているが、日本語能力が十分ではないという問題が発生している。このため、ミャンマーの労働社会福祉省・MOEAF・日本側の受け入れ機関が協議を行い、基準に達している者のみを日本に派遣することにした。

center_bn_premium

最新記事一覧