ミャンマー人女性への人材募集が増加

【社会】 20141119

ミャンマー人女性の人材について、日本の工場での求人が増加している。
一例では、部品製造工場と縫製工場で働く18歳から30歳までのミャンマー人女性が募集されており、派遣者へは研修ビザが発給される。
月給は130万ks(約14.5万円)で3年契約。採用者は日本へ向かうための航空券が支給され、3,000米ドルを仲介業者に支払う。
労働者は政府監督の下で派遣され、応募資格は中卒以上となっている。

center_bn_premium

最新記事一覧