ミャンマー各空港でエボラ出血熱の検疫実施

【社会】 2014818

ネピドー・ヤンゴン・マンダレーの国際空港及び外国人旅行客の多いニャウンウー空港とヘーホー空港で、エボラ出血熱の初期症状である発熱のサーモカメラのモニターによる検疫が実施されている。
発熱した旅行者は、空港保健局の担当者が他の症状を含め検査する。
保健局のソーリンニェイン副局長は、「現時点...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧