ミャンマー各空港でエボラ出血熱の検疫実施

【社会】 2014818

ネピドー・ヤンゴン・マンダレーの国際空港及び外国人旅行客の多いニャウンウー空港とヘーホー空港で、エボラ出血熱の初期症状である発熱のサーモカメラのモニターによる検疫が実施されている。
発熱した旅行者は、空港保健局の担当者が他の症状を含め検査する。
保健局のソーリンニェイン副局長は、「現時点ではエボラ出血熱に感染した疑いのある人は見つかっていない。エボラウイルスが検出された場合は必要な治療を施し、同伴者の行動を制限する」と発表。
エボラウイルスの保菌者は、保菌動物に接触すると感染する可能性があるが、ミャンマーの野生生物から感染する可能性はない。エボラ出血熱の検疫は国境ゲートでも実施されている。

center_bn_premium

最新記事一覧