丸山大使、中央銀行総裁にミャンマー国内で円の使用を要請 - ミャンマー NEWS DIGEST 日緬関係の経済ニュースをピックアップ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
ミャンマーから 09-3101-9178
日本から 001-010-95-9-3101-9178

ミャンマー ビジネス ニュースダイジェスト 日緬関係のニュースをピックアップ

丸山大使、中央銀行総裁にミャンマー国内で円の使用を要請

2018.06.07 

 在ミャンマー日本国大使館の丸山大使は6月1日、ミャンマー中央銀行総裁と面会し、日本企業が金融分野への投資を可能とすること、日本の通貨である円をミャンマー国内で使用できるようにすることなどに関して要請したことがわかった。ミャンマー中央銀行の発表を7Day Daily紙が6月4日に伝えた。

 現在ミャンマーにおいては、米ドルのみが貿易決済の通貨として許可され、外貨口座は米ドル、ユーロ、シンガポールドルの3種類が許可されている。公認両替所では3種類の通貨に加えて中国人民元とタイバーツの取り扱いも許可されているが、日本円は許可されていない。

 日本は、中央銀行の基幹業務システムを開発し、2016年1月18日に引き渡している。

最新記事一覧

ミャンマー/ヤンゴンの「求人/人材紹介」「賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸店舗、賃貸事務所...」「広告宣伝/販促活動」「進出支援」は、ミャンマージャポンにお任せください!

 

TOPページビジネスニュース進出支援不動産/賃貸情報人材紹介企業INDEXレストラン厳選お役立ち情報

 

MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン):ミャンマー連邦共和国 情報省認可 第00510号
ミャンマー現地紙記事掲載許諾:Myanma Alinn Daily(The New Light of Myanmar) / The VOICE Daily / 7DAY DAILY / 7DAY WEEKLY

 

PAGE TOP