「NUG駐日代表事務所」が開設

【国際】【政治】 2022801

 ミャンマー民主派の国民統一政府(NUG)駐日代表事務所が7月31日、東京都内に開設された。

 NUG駐日代表のソー・バ・ラ・テイン氏は「日本政府とNUGの架け橋として正しい情報を発信するとともに、外交政策を実施していきたい」と抱負を語った。

 軍評議会による4人の死刑執行については「犯罪であり強く非難する」とし、また日本人が拘束されたことについては「ミャンマーでは今、民主化運動やメディアが取材するだけで逮捕される異常な国だ。拘束された日本人は一日も早く解放して欲しいし、日本政府は毅然として対応して頂きたい」とコメントした。

 挨拶に立ったミャンマーの民主化を支援する議員連盟会長の中川正春衆議院議員は「クーデター後のミャンマー情勢はさらに悪化しており、継続する日本政府のODAを調査する必要がある。また、国内避難民を対象としたクロスボーダーのスキームで人道支援を実施する予定だ」と述べた。

Premium2207-b

最新記事一覧