キリンHD、ミャンマービール事業の譲渡が決定

【企業】 2022630

 キリンホールディングス(HD)は6月30日、ミャンマーにおけるビール事業について、保有するミャンマー最大手のビール会社「ミャンマーブルワリー」の全株式を同社に3,240億Ks(およそ224億円 ※同社発表のレートによる)で譲渡すると発表した。

 キリンHDはミャンマーで発生したクーデターを受け、昨年2月5日にミャンマー国軍との関係があるMyanma Economic Holdings Public Company Limited(MEHPCL)との合弁解消を表明、その後1年以上にわたりMEHPCLとの協議を継続していたが難航。事業継続に向けてシンガポールで国際仲裁も提起していた。

Premium2207-a

最新記事一覧