インターネットが復活せず、通信施設を破壊

【情報・通信】【社会】 2022620

 マグウェ管区ティリン郡区で6月18日、MPTの通信施設を市民防衛隊(PDF)が破壊した。DVB Burmese Newsが伝えた。

 ティリン郡区では、インターネット通信が遮断されてから8か月間経過し、市民はネット決済や情報の取得が出来ず困窮している。PDF側がインターネットを復活するように要請したが、期限までに復活しないため施設を破壊したという。他の通信タワーも破壊し、武器生産の材料として使用するとしている。

 国軍は軍事活動を行う際にインターネットを遮断しているが、ティリン郡区では昨年2月のクーデター以降も時間制限付きでインターネット通信が利用できていた。しかし、昨年9月から完全に遮断されたという。

Premium2207-a

最新記事一覧