マレーシア外相、ミャンマー民主派組織との会合を提案

【国際】【政治】 2022509

 マレーシアのサイフディン外相が、ASEANとしてミャンマーの民主派2組織と非公式な会合を開催するよう求める提案を5月11日に開催されるASEAN外相会議で行うことが明らかになった。Mizzima-News in Burmeseが5月8日に伝えた。

 サイフディン外相は、独自にミャンマーの民主派組織である国民統一政府(NUG)の外相や国民統一顧問評議会(NUCC)の議長との協議を重ねてきた。同外相は「ASEANとして民主派の2組織と会合を開催すべきだが、我々はどちらかに寄与するつもりはない」としたうえで、「すべての勢力と話し合い、問題解決のために前進することが大切だ。これこそがASEAN合意5項目に沿ったものだ」とコメントした。

Premium21022

最新記事一覧