クーデター以降のドル売り介入、累計が2億3,480万米ドルに

【マーケット】【社会】【経済】 20211019

 2月1日のクーデター以降、ミャンマー中央銀行が米ドル・チャットの為替レートを安定させるために実施したドル売り介入が総額2億3,480万米ドル(およそ268億円)にのぼったことが明らかになった...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium21022

最新記事一覧