日本とインドネシア外相がミャンマー情勢をめぐり電話会談

【国際】【政治】 2021305

 茂木外務大臣とインドネシアのルトノ外相が電話で会談し、混迷が続くミャンマー情勢について意見を交換した。

 会談は3月4日の19時(日本時間)から30分ほど行われ、両外相は、警察と軍によるデモ隊への発砲により多数の死傷者が出ているミャンマーの現状に強い懸念を共有。茂木大臣からは、民間人に対する暴力の即時停止、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問を含む関係者の解放、民主的な政治体制の早期回復を、ミャンマー国軍に対し引き続き強く求めていく方針を改めて伝えた。

 その上で茂木大臣は、インドネシアが主導したASEAN非公式外相会議の開催などの努力を評価、両外相は事態の打開に向けて緊密に連携していくことを確認した。

Premium2104

最新記事一覧