ミャンマー全土でゼネスト決行、スーパーなど休業へ

【政治】【社会】 2021222

 クーデターにより政権を奪取した新軍事政権に対して2月22日にミャンマー全国でゼネストが決行されることがわかった。7Day Dailyが伝えたもので、ヤンゴン市内のスーパー、レストラン、コンビニ、ファーストフード店などが軒並み休業するという。

 2月22日に休業するのはシティマート、オーシャン、マーケットプレイス、ガモンプィン、セインゲーハー、KFC、ロッテリア、シュエバズン、GrabFoodなど。ヤンゴン市開発委員会が管轄する生鮮食料品市場は休業しないが、テナント主のほとんどが自主休業すると表明している。

 2021年2月22日は数字の「2」が5つ重なるため、「22222REVOLUTION」と銘打ち、SNSを通じてミャンマー全国でゼネストが呼びかけられている。これまでの最大規模の抗議活動を前に、緊張が高まっている。

スーレーパゴダ付近の群衆(2月7日撮影)
Premium21022

最新記事一覧