旧選挙管理委員会(UEC)の役員が国軍により連行される

【政治】 2021219

 2020年11月8日に行われた総選挙において職務を行った旧選挙管理委員会(UEC)の役員らが、国軍により連行され軍の施設に拘束されていることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 報道によると、ミャンマー全国の管区・州選挙管理委員会の議長や事務局長などが国軍の施設で拘束されているという。ヤンゴン管区では管区、県、郡区の各選挙委員会の役員88人が、2月10日からヤンゴン市内バインナウンにある軍の施設に拘束されている。

 インセイン郡区選挙管理委員会のチョー・リン議長は「拘束されてから10日が経過しているが、何の取り調べもない。一方で豪華な食事などで饗応されており、これから何が起きるのか不安でならない」とコメントした。

Premium21022

最新記事一覧