米バイデン大統領、ミャンマー制裁に関する大統領令を承認

【国際】【政治】 2021211

 アメリカのバイデン大統領は2月10日、クーデターを起こしたミャンマー軍に対する制裁発動を可能にする大統領令を承認したと発表した。

 バイデン大統領は、今後ミャンマー政府がアメリカ国内に保有する10億ドル(およそ1,050億円)の資金を凍結、強力な輸出規制もかけることを表明、今週中に具体的な制裁対象を決定する方針を明らかにした。その上で、アメリカの同盟国や友好国に対して同調するよう呼びかけた。医療分野などへの支援は続けられるという。

Premium2104

最新記事一覧