インド製の新型コロナ用ワクチンが1月22日にミャンマー到着

【政治】【新型コロナ】 2021122

 保健・スポーツ省は、150万回分のインド製新型コロナウイルス用ワクチンが1月22日にヤンゴン国際空港に到着すると発表した。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、到着するのはインド血清研究所が製造した「Covishield」というワクチン。インド政府が150万回分を無償供与した。保健・スポーツ省は、ミャンマー全国の医療従事者12万人と高齢者に対し優先的に接種するとしている。ワクチンはヤンゴン市内タマイン地区にある貯蔵センターで保管され、空輸または陸送でミャンマー全国20か所の貯蔵センターに輸送される予定。

 ワクチン接種に関する顧問団の教授は「今回のインド製ワクチンの保存温度は2~8℃、ファイザー社製のワクチンはマイナス60~80℃であるから、インドのワクチンのほうがミャンマーに適している。インドのワクチンは62~90%の効果があると言われている」とコメントした。

Premium21022

最新記事一覧